電子カルテなら場所を取らずに患者さんの情報を保存できる

公的機関を最大限に活用

オフィス

大阪の開業支援は、創業当初のサポートだけではありません。その後の経営に関しても支援機関が整っていることから、将来を見据えた開業支援を行っているといわれます。開業のノウハウも含めて情報収取しやすい土壌があると考えて良いでしょう。

もっと見る

飲食店人気ナンバーワン

ラーメン

ラーメン店は比較的独立しやすい業界で飲食店経営の中でも初期設備投資が少なく済ます。特別な内装工事も必要ありませんので、独立を考えたら不動産情報をチェックします。駅チカの優良な居抜き物件を探してみましょう。

もっと見る

医療をペーパーレス化する

ノートパソコン

カルテを紙からデジタルへ

医療機関における診療記録の保管は、これまではカルテと呼ばれる紙への記載によって行われてきました。カルテの保存期間は法律によって5年間と定められています。そのため、大規模病院では過去5年間に行われた膨大な診療記録を紙で保管していることになります。一方、小規模な診療所では診療機関が長期にわたる患者が患者が多いことから、5年を超えてもなおカルテを保存しているケースが多く、やはりその量は膨大なものとなります。電子カルテは、こうした増え続ける診療記録をデジタルデータとして収録することにより、記録管理の省スペース化及び効率化を実現するシステムです。診療時に機械入力することで、ペーパーレスな医師事務が行えるようになります。

いつでもどこでもアクセス

電子カルテのメリットは、単に保管スペースを節約できるというだけにとどまりません。検索しやすさも大幅に向上します。診療記録を電子化すれば、患者名・傷病名・担当医師名といったさまざまなキーワードによる検索の速度及び精度が、紙のカルテよりも格段に向上します。そのため、過去の記録を参照したり、学会発表用にデータを抽出したりといった作業が非常に楽になります。また、最近はクラウド型の電子カルテシステムも普及が進んでいます。このようなタイプの電子カルテなら、アクセス権限を持つ者であればインターネットに接続しさえすればどこでも記録を確認することが可能です。そのため、たとえば別院での入院加療や訪問診療等の際にも、紙のカルテをわざわざ持ち歩く必要がなくなります。

商売を始める時に大事な事

店舗

これから商売を始めるなら大阪の貸店舗が最適ですが、まずは人通りがあるのかをチェックしましょう。狭い方が安くなりますが、業務に支障がないかを調べておくのと、エアコンはあるのか、適切な位置に取り付けているのかを見ておきたいです。

もっと見る